Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大真面目にいきましょう。

大体トイレを我慢している有本です。おばんです。



私が制作転向になった理由や、心境など、しばらくお伝えしないまま来てしまいました。何人いるかわからないファンの方々、お許しください。

今回は書けることをできるだけ書いてみます。応援してくださっていて、その心変わりに腹が立つ方もいるかもしれませんが、自分の立場をはっきりさせるために、プチさらけ出します。どうぞ我慢してご覧ください。



まず、私はプロの役者になりたいと思って上京してきました。自分には芝居以外、うまくやれると思えたことがなかったからです。

人とうまくやれない。運動も勉強もそこまでできない。絵も歌も中途半端。でも演劇だけは、何だか人に誉められるぞ、と感じられました。

そうして養成所に行って、劇団残れなくて、オーディション三回落ちて心が折れて、とりあえず芝居がしたいと思って、今の仕事(進路劇)に出会いました。

進路劇は、東日本の高校を周り、進路に関するお芝居をします。そこでは色々な高校生に出会うわけですね。青春真っ只中。悩みが尽きないお年頃。自分の高校時代を思い出して、うらやましいなぁとかあの頃の自分みたいだなぁとか。

で、ここ一年色んな舞台に出していただいて、なんだか、自分の人付き合いの下手さとか、昔の悩みとかと向き合うことが多くなって、

それで苦しんでる子どもがたくさんいるんだろうなぁと思い始めて、そういえば大学卒業直前は「自分みたいな人間が人に見られる仕事ができるんだぞって勇気を与えたり、その方法を教えたい」とかゼミで話してたなぁとか思い出して、

意外と昔から、子どものことばっかり考えてるなぁと気付いて。

自分の人生を変えてくれた芝居だから離れたくないけど、自分が第一にやりたいのは、自分みたいな子やもっと苦しんでる子を救うことなんだなぁと思って。

だったら役者をやるよりも、直接そういう子たちを救える手立てを考えよう。今まで芝居に注いでた精力を、子どもに向けよう。と、考えたわけです。

というわけで、プロを目指す人が周りにたくさんいる中で、そんな心境の私が「役者」と名乗るのが申し訳なくて、またそんな状態でスタートダッシュの芝居に出るのもなと思ってメンバーに相談したところ、ポジションの変更に至ったわけです。



当時役者が一人しかいなかったのに、役者じゃなくなることを認めてくれた吉田と古賀、ありがとう。どうしたらあたしが劇団に残れるか考えてくれ、「お互いうまく利用しようよ」と提案してくれました。

そして、私と入れ違いで役者として入ってくれた東海くん、ありがとう。役者がゼロになる事態が防げた上に、フレッシュなボーイが入ったお陰で何やら劇団内が潤いました。

そしてそして、わざわざお金と時間を割いて観に来てくれた方々。舞台でお世話になった方々。頑張ってねと声をかけてくれた方々。本当に、本当にありがとうございました。「サインちょうだいよ~」とか言ってくれていたのに(まぁ冗談でしょうが)裏切る形になってしまってすみません。



これからは陰でスタートダッシュを支えます。制作というポジション名ではありますが、自分の今やっていることと絡めていつか何かしら貢献できることがあるんじゃないかと思っております。

役者の活動は、子どもと関わるため、誰かのお手伝いをするために続けます。



長くなってしまいましたが、私は言葉足らずとよく言われるので、きっとどこか書き落としていて誰かに不愉快な思いをさせるかもしれません。

私なりに、頭をひねってひねって書きました。わかっていただけたらなと思います。

自分に正直すぎるため、人に迷惑かけまくりでしょうが、前回正直にブログ記事書いたおかげで、次に繋がるとても嬉しいことがありました。それをいつか役に立てれたらなと思います。



そういうわけで、今後ともどうぞ宜しくお願いします。




真面目なだけじゃつまんないので。石投げないでください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。